Make your own free website on Tripod.com

 

処分される動物たち

 

処分された犬たちの首輪

 

   家族の一員として受け入れた動物を平気で捨てられる(殺すことのできる)、

   飼い主たちが多くいます。

   病気になったから、年寄りだから、臭いから、毛が抜けるから、うるさいから、

   引っ越すから、邪魔だから、他の犬が欲しいから、もういらないから。

   解決策をろくに考えもせず、まるで物を捨てるかのように、彼らを手放すのです。

   どうしようもない事情を持つ方もいるかもしれません。
 
   しかし、やはり“処分”という選択肢は、あまりにも残酷ではないでしょうか。

   彼らの命は飼い主に全て、委ねられているのですから。

   動物たちは保健所に連れてこられた時点でもうわかるのです。

   その場所がどういう場所なのかということを。

   そこで去っていく飼い主の後姿を眺めながら、必死で吠える。泣く。

   決して振り向くことのない飼い主に向かって。

 

 

   日本では、二酸化炭素による窒息死によって動物たちは処分されます。

   安価ですむという理由からこの方法が用いられますが、

   動物たちは大変苦しみながら死ぬことになり、とても安楽死とは呼べません。

   10分以上の間、彼らは息をすることのできない、苦しい状態に置かれます。

   ガス室からは動物たちの悲痛な鳴き声が聞こえ、その声も徐々に小さくなっていき、

   やっと死へとたどり着けるのです。

   多くの動物の下敷きとなったりして、窒息死をまぬかれる動物もいます。

   彼らは生きたまま焼却炉で焼かれていくのです。

   地獄の(約)1週間を経て、たどり着く先は、最後の最後まで苦しんでの“死”なのです。

 


ガス室へと入れられる犬たち


処分機

   


処分後の死んだ犬


処分後の死んだ子猫たち

 

   この世に生を受け、人間の都合によってたらい回しにされ、挙句の果てには

   “不要”の刻印を押され、苦しんで死んでいく。

   その間、ずっと生きるということに一生懸命だった彼らを、2000匹もの彼らを、

   私達人間は毎日殺しているのです。

   同じ地球上の動物として、私たちに彼らの命を持て遊ぶことなど

   許されるわけがありません。

   すべての人たちが一度、動物たちの命の尊さについて考え直すべきです。