Make your own free website on Tripod.com

 

悪質ブリーダーの実態

 

 

    動物に対するきちんとした知識、飼育能力もなく、動物を次々と繁殖していく。

    余った動物たちは見捨てて飼い殺し、動物実験へ譲渡、という選択もあります。

    悪質ブリーダーは、自分の利益のために、自分よりも弱い動物を物の様に

    利用するという、この上ない残虐な人々です。

 

 日本では、ブリーダー(繁殖家) になるための免許制もなく、

 素人だろうが誰でも、ブリーダーになることができます。

 そのため、儲けることしか頭にないような、動物の知識もない

 悪質なブリーダーが次々と生まれていくのです。

 

   人気のある種の犬は何度も不自然に妊娠させられ、

   その身体が壊れるまで子供を生まされます。

   生まれた子供は、すぐに母親から引き離されます。

   商売のために。
  
   子供は母親のお乳をすうこともできず、

   母親はまたすぐに妊娠させられるのです。

 

  こうして動物は人為的にどんどん増やされ、

  商品として成り立たないような動物、

  大きくなっても引き取り先が見つからなかった動物たちは、

  “不要”とされます。

 

     不要とされた動物は、動物実験に譲渡されたり、

     そのままえさも与えられず、掃除などの管理もされぬまま

     “飼い殺し” されるのです。



きちんとした良識を持つ、言うまでもなく動物を愛することのできる人のみが、

ブリーダーとしての資格を与えられるべきではないでしょうか?

 



鎖に繋がれたまま餓死した犬


病気のまま放置された犬