Make your own free website on Tripod.com

 

    行 (犬) -1-

 

 

     片方の前足を胸部に縫いつけられた 「プルート」      5年後に野犬収容所で撮影された死ぬ直前の 「プルート」

 

      脾臓を摘出され、絶食30日目に撮影された犬         仲間の犬がエサをもらうのを見つめる絶食51日目の子犬

 

 

  「糖尿病研究」の名目で脾臓に穴をあけられ、           やせ薬の実験により、この数週間後に死亡した 「ナナ」。
  そこに金属の口のついた人口管が差し込まれたため、      この薬を服用した人々の何人かも同様に死亡したので
  横になることもできない。                       製薬会社は裁判にかけられることになった。

 

 

 

   「毒性試験」というアリバイ作りのために、                  運動時のエネルギー消費を測定するため、
   毎年無数の動物たちに毒物が投与されている。              犬の気管支を切り開き呼吸弁をつけ、
   動物と人間の反応は異なるため、毎年何千もの人々が、         走行器で走らせる実験。
   金儲けにはなるが致命的な作用を持つ様々な薬物の
   犠牲になっている。 

 

 

  心臓移植の手術を受けたばかりの床にくくりつけられた犬。          一度に何種類もの手術をされる犬。
                                            回復した後は、もっと多くの手術が待っている。

 

現代の蛮行 (犬) ‐2‐