Make your own free website on Tripod.com

 

          

 

 

毛皮コートのおよそ半分は、工場のひどい監禁状態の中で生まれ、

そして無残な姿で殺された動物たちからできています。

 

 



      工場での動物たちはとても小さな檻の中での生活を強制され、

      彼らの習性に全く合わないような不自然な状況に置かれ、ストレスも多くなります。



 

 

   工場はたいてい何百ものケージの列からなっており、

   たいてい厳しい寒さ、雨、雪、そして強い日差しにさらされた状態です。

   給水は自動式になっており、冬はたいてい氷ついてしまい、彼らは水を飲むことさえできません。

   そして夏には強い日差しにさらされます。

   一日の60%〜70%を水の中ですごすミンクは、体温の調整が困難になったり、

   呼吸に障害が生じます。




   工場で殺される動物たち ‐2‐ へ