Make your own free website on Tripod.com

 

          

 

罠にはまり、必死で逃げようとするキツネ

 

罠にはまった瞬間の彼らの恐怖はどんなに大きいでしょう。

そして捕獲者に捉えられると、彼らにはさらに残酷なことが待ちうけているのです。

 

 

       

    罠にかかった動物たちは、寒さ、飢え、乾き、ストレス、体力の消耗などで、

    捕獲者に捕えられる前に死ぬこともあります。

    動物たちは死ぬまでの間、絶えようもないような激痛にさらされます。

    金属製の足かせ罠は2つのばね付の板からなっており、鋭い歯が動物の足に強く食いつき、

    肉がひきちぎれ、靭帯や腱までも切断され、骨まで壊れます。

    罠にはまった動物たちは逃げようともがくために、怪我はさらにひどくなります。

 

 

 

    罠によっては、動物たちの首、体、または足をつかむようになっており、

    彼らが逃げようともがくほどきつくなるしくみになっています。

    この罠はしばしば動物たちを窒息死させたり、主要器官をつぶしたりします。

    水中を泳いでいる動物たちを殺す罠もあります。

    この罠は動物の胴体、骨盤、胸部を2つの三角形の口部が抑えつけ、潰して動物を殺すのです。

    泳いでいるときに罠につかまった動物たちは、たいてい溺れ死にます。

    この強い口部は骨や血管、神経を潰し、動物に絶えようもない痛みと苦痛をもたらすのです。

 

    

地域によっては、罠にはまった動物は1週間以上放置される場合もあり、

捕獲後には残酷な死が待っています。

    また、彼らは身動きが取れなかったために、すでに他の動物たちの餌食なっていることもあります。




    罠にかけられた動物たち−2−へ