Make your own free website on Tripod.com

 

処分される動物たち

 

 

 

   冷たいコンクリートの上で、排泄物の上で、何匹もの犬が死を待っています。

   小さな檻に詰め込まれた猫たちが、ただただ死を待っています。

   地域差はあれ、約一週間、彼らはここで過ごします。

   飼い犬を待つ犬たち。吠える犬たち。諦めきったようにうずくまる犬たち。

   きっと殆どが死を察しているのでしょう。

   一週間という期間は、彼らにとって長すぎるのかもしれません。

   もちろんその間で飼い主が見つかるのなら長くはありませんが・・。

   その殆どがただ死を待つことになるのです。

 

 

    檻の中にはいろいろな犬がいます。

    ただひたすら吠えつづける犬。

    ずっと体を震わせている犬。

    目を閉じ、隅でうずくまっている犬。

    同じ檻の中で、成犬が子犬を食いちぎる・・ということも起きています。

    犬同士の喧嘩で大怪我を負う犬もいます。

    檻の中での生活がいかに悲惨なものか、それは私達の想像以上でしょう。

 

 

 

  犬たちは日がたつごとに部屋を移されます。

  部屋は日ごと、ガス室へと近づいて行くのです。

  そして最後の日、施設の営業時間が終了し、そのシャッターが下ろされる時・・・

  つまり彼らの飼い主はもはや現れないということです。

  それは彼らにとって“死”を意味するのです。







次へ