Make your own free website on Tripod.com

 

 

 

 

      闘牛士が登場し、そして “槍方” が馬と共に登場します。

      闘牛は馬をめがけて突進しますが、

      このとき槍方は、カラフルな槍を闘牛の肩骨当たりに突き刺します。

      これは闘牛を静めさせるために行われるものですが、

      いつもうまくいくわけではないため、時に何回も刺す事になります。

 

 

まもなく闘牛は身体から大量の血を流しはじめます。

それでも闘牛士は闘牛を容赦なく煽り続けます。

 

 

 

     多くの闘牛はこの頃になると、すでに疲労し、体も弱くなります。

     ここで闘牛が倒れたりすると、助手達がかけより、

     槍を突き刺したり尻尾を曲げたりして、闘牛を起こすのです。

     闘牛士にとっては至福のひとときでしょう。

     闘牛の前で膝を着き、彼がどんなに勇敢であったかを観客に見せるのです。

 

                        次のページへ