Make your own free website on Tripod.com

 

       

 

  先日、私は初めて養鶏場を実際に目にしました。偶然、それを見つけたのです。

  ある山道を車で走っていた時、ものすごい悪臭とともにその養鶏場は現れました。

  細長い、大きな小屋が5つほどありましたが、そのうちの1つは道路に面していて、

  しかも柵などが全くなかったので (また、周囲に誰もいなかったので) 

  その様子をじっくりと観察することができました。

  小屋の壁の部分には金網が張りめぐらされ、鶏から落ちた羽が一面に巻き付いていました。

  縦に長く3列、棚が置かれ、それぞれが2段に分かれていました。

  一段ごとに、約30センチ四方づつ、さらに金網で仕切られていました。

  その30センチ四方の中に鶏は3羽づつ入れられていました。まさにすし詰め状態です。

  鶏は常に他の鶏、また、仕切りの金網と密着した状態でした。

  ほとんどの鶏たちが、その体に怪我を負っていました。

  毛がはげて肉が露出している鶏たち、羽がむしれて芯の部分が露出している鶏たち、

  血を流している鶏たち、どれも全く悲惨な状態でした。

  

  今まで、養鶏場の写真は多く目にしていましたし、文章でもその様子を読んだ事があります。

  でも、実際にその様子を目にし、改めて、養鶏場の実態を知ることができました。

  それは本当に、他で書かれていた通りの悲惨極まりない状態でした。

  その養鶏場には大きな看板があり、”自然の卵” と書かれていました。

  スーパーなどでもよく、このような言葉を文句にした商品を見かけます。

  自然、などという言葉を目にすれば、広い敷地の中に放された鶏たち、元気に自由に走り回る鶏たち、

  そして自然の状態で生まれてくる新鮮な卵・・・ といったイメージを持ちますが、

  そんな言葉は必ずしも信じられるものではないのだと思いました。

 

  私たちは一度、深く考え直す必要があると思います。

  私たち人間は、こんなにまで他の生物を不自然な状態で ”虐待” してまで、

  食欲を満たす必要があるのかということを。

  人間の強さを武器に、人間の欲のためなら、鶏たちに苦しい毎日を強要することは

  正当化されるのでしょうか?

  私はそんなことは許されるべきではないと強く思います。

                              *** 養鶏場を撮影しましたので、後日画像を掲載します ***