Make your own free website on Tripod.com

 

マクドナルドの実態 ‐動物への配慮のなさ‐

 

 

    マクドナルドのサプライヤーたちによる飼育法では、鶏たちは大変過酷な状態にあります。

    多くの鶏たちを一緒に監禁状態に置くことはとても残酷な事であり、彼らに病気をもたらします。

    マクドナルドが、サンドウィッチやサラダに使用している鶏たちは、集中飼育の中で、

    他の何千、何万もの鶏たちと一緒に飼育所に押し込まれます。

    このような状況によって彼らは病気、呼吸困難、心臓発作などに苦しみます。

    マクドナルドでは現在、一匹の鶏に対して約15センチ四方くらいしか与えていません。

    これでは、彼らは羽一つ広げる事ができません。国の規定でさえ、その3倍以上となっているのです。

    4から7羽の鶏たちは一緒に小さな金網の中に押し込まれ、その金網が何万と同じ場所にあります。

    そこが彼らが一生過ごす場所なのです。

 



    

    彼らは新鮮な空気を吸うこともできず、羽も伸ばせず、地面に触れる事さえできないのです。
 
    その上、散乱を促進するためにと、ほとんど一日中、明かりの下にいるのです。

    網によって彼らの足には奇形が生じ、羽も抜け落ちます。死んだ鶏さえケージの中から取り出されず、

    他の鶏がその上に立っているありさまです。

 

    マクドナルドで使用される鶏は、大きく早く成長するように遺伝子操作によって不自然に育てられるため、

    彼らは、重過ぎるからだを自分の足で支えられないのです。そのため、足の奇形に苦しむこともあります。

    彼らは工場での短い生涯を、このようなことによって生じる慢性の苦痛と共に終えるのです。

    おびただしい数の鶏たちが遺伝子操作のために心臓欠陥、肺感染症、飢餓、脱水などによって

    命を落としています。


    鶏たちの捕獲、輸送は、時間との戦いの中で大急ぎで、しかもぎこちなく行われるため、

    大変残酷になります。屠殺場に行く際にトラックに詰まれる時点で、

    およそ3分の1の鶏たちは足を骨折してしまいます。

    彼らは、たいていもう破損している羽を捕まれ、梱包用の箱に押し込まれますが、

    とても小さい箱なため、彼らはまっすぐに立つこともできず、

    それらの箱はトラック後方部に投げ込まれていきます。

    多くは脱水症状、寒さ、または輸送中の事故などによって死にます。

    そして生き残った鶏たちの多くは、屠殺場において、まだ十分に意識がある状態で、
 
    喉を切られ、血を抜かれ、熱湯の中にほうり込まれるのです

 



                           ***** 海外のマクドナルドに関するサイトをいくつか読み、翻訳しました *****

                            ***** 画像は他のサイトからの引用で、参照用に掲載しています *****


マクドナルドの実態 -2- へ