Make your own free website on Tripod.com

 

 

 

 

ハンバーグ、ステーキ、焼肉、しゃぶしゃぶなど、牛肉は様々なかたちで料理されます。

特に子牛の肉を使った料理は高級で美味しいものとされています。

工場で飼育される牛、特に子牛はもっとも苛酷な生活を強いられています。

 

      子牛は普通、1年ほど母親と一緒に生活を共にします。

      しかし工場においては、それでは市販用のミルクを子牛に

      飲まれてしまうという理由から、生まれた日、または数日で
  
      子牛は母親から離されるのです。
  
      子牛は自分の体とほぼ同じ大きさ、つまり身動きできない
  
      ような仕切りの中に閉じ込められます。首も縛り付けられて
  
      おり、少しも動けない監禁状態におかれます。

      これは、子牛が運動できてしまうと、筋肉が発達し、柔らかい
  
      肉ができないからなのです。

      子牛には大好きな干し草も与えられません。干し草には鉄分

      が含まれているからです。鉄分を摂らせずに子牛を貧血状態

      にすることによって、白身がかった極上の肉ができるのです。


    


  そのために与えられる代用ミルクには、脂肪、糖分、

  抗生物質などが含まれており、これによって子牛は

  急速に成長します。

  彼らは鉄分が欲しくて、仕切り材やくぎなど、まわり

  にある金属をなめようと必死になり、これによって病

  気になることもあります。

 
 晴れた日であろうと、子牛はおとなしくするようにと

  真っ暗な部屋に置かれます。そして出荷される頃に

  は貧血の状態は大変ひどくなっています。

  母親から無理に引き離され、また貧血がひどいため

  に、多くのストレス反応も起こります。
 
 

 

 

子牛の肉が作られるまで −2− へ進む