Make your own free website on Tripod.com

 

「医療の犯罪」 引用集 1

 

   「豚を解剖した結果をもとにしたために、解剖学を数百年遅らせたガレノスの時代から、

   臨床医は、動物が人間とは解剖学的にも生理学的にも大変異なるので、
 
   動物実験から得た結果は意味がないことを知っている。

   二流の科学者だけが、こんな実験が役に立つと思っている。

   しかし悲しいかな、動物を使用する科学者たちは、まさにその二流科学者なのだ。

   人間用の製品を動物に“試してみる”のは、よくて無益、悪ければサリドマイドのように危険で、

   間違った方向に人を導く。」
                                        ヴァーノン・コールマン医学博士

 

 

          実験者の机の上に置かれた灰皿

 
  「犬は外科界の飛行模擬訓練装置ではないし、

  外科医がまず始めに犬で実習してみなければならないというのは誤った考えである。

  外科医は、他の外科医を観察し、実際の手術を先輩医師の監督の下に人間に行って習得するものである。」

                                                   アルフレッド・コーエン博士  

  「有毒の化学療法は悪ふざけである。これを使用する医師たちは計画的殺人者であり、

  今日流行のコバルトやその他のがん治療は、治癒への道をふさぐものである。」

                                         アーネスト・T・クレブス・ジュニア、生化学者

「生体解剖が不道徳で、

人類の医学進歩にまったく無益であるので反対する。

動物の生理機能と反応は、我々とはかなり異なるのだから。

生きている動物に実験することは、我々を誤らせるだけなので、

廃止すべきだというのが、私の意見である。」

マリー・ルイーズ・グリボバル医師



    「我々は科学という名の下に行われている残忍行為(生体解剖)を廃止することを要求する」
 
                        アルベール・ポレ医師



  「動物実験は問題を混乱させ、その結果が科学的に正確であったことはない。

  生体解剖と人間の健康の間には何の関係もない。

  一般に動物実験に価値があると思い込まれているのは、洗脳による結果なのである。

  その裏には製薬業界がいて、広告や研究所や大学への資金調達に多額を費やしているからだ。

  法律が変わり、生体解剖が禁止されなければならない。

  動物の使用を必要としない実験方法が今日では四〇〇ある。

  科学は生体解剖を必要としていないが、法律が必要としているのだ。

  この法律改正と生体解剖の全撤廃を求めて、よりよい医療と健康な人間の実現のために邁進する

  我々の運動を支持するよう、皆さんに呼びかけたい。」

                                            アリー・ブレッチャー医学博士

 

      

 

  「このような実験を行う研究者たちは、通常、彼らの仕事が人類のためになるのだと主張する。

  反対者たちを、無知で理性的ではないと決めつける。

  動物の四肢を切断して不具にし、拷問にかけて殺すのは、

  医療科学の最先端を推し進めるのに必要なのだと主張する。

  そんなことはまったくのナンセンスである。私には、新発見の中で、

  動物実験の成果から生まれたと言うものは一つも思い浮かばない。」

                                          ヴァーノン・コールマン博士

 

 

 

  「生理学者ピエトロ・クローチェ教授は、動物実験は全廃すべきである、と語った。

  そしてフェディ教授はこの意見に同意し、こうした全廃は、人間の健康に多大な恩恵をもたらす、と語った。」

                                              イタリア日刊紙『コリエレ・デラ・セラ』

 

 

「医療の犯罪」 引用集 2 へ