Make your own free website on Tripod.com

 

           ‐2‐

 

 

     特定の色の毛皮を生産するために、近親交配が連続的に行われ、

     動物たちに奇形が生じることが多くあります。

     たくさんの動物たちがこのような残虐な行為によって、恐ろしい副作用に苛まれています。

     耳が聞こえなくなる、手足の不具、生殖器官の奇形、首のねじれ、貧血、生殖不能、

     神経組織の障害などです。

     黒い毛になるように育てられるミンクは出血多量、伝染病にかかる可能性が高くなるなどの

     症状を持ちます。

 

 


     ミンクの多くは強迫観念性に陥り、自分の手足を噛み切ったり、共食いしたり、

     挫折感、欲求不満に陥ったり、退屈にもがき苦しみます。

     また、頭を上下にゆする、しっぽをかじる、檻のワイヤーをかじるなどの動きを繰り返します。


 


     劣悪な環境のために、工場の動物たちは数多くの病気に苛まれます。

     ウイルス性疾患、腸炎、肺炎、また、膀胱、泌尿器系の病気などもあります。

     そして多くの動物たちがノミ、シラミ、ダニなどに悩まされています。

     また、監禁状態、不自然な環境でのストレスから、共食いや自虐行為も発生します。

     例えば、1993年における毛皮工場の報告によると、

     50%のキツネの子供達が母親のキツネに殺されているのです。

     彼らの短い生涯は、監禁による恐怖とストレスに支配されています。

     しかし工場者は彼らに哀れみの気持ちさえ持たないのです。