Make your own free website on Tripod.com

 

             






     工場で数ヶ月間収容された後、または野生の状態から捕えられた後、

     これらの動物たちは非人道的な野蛮な手段によって殺害されます。

     性器に電流を走らされたり、首をへし折られたり、肺を踏みつけられたり、

     ガス処理されたり、棒で殴り殺されたり、毒薬を注入されたりするのです。

     業者たちは、経費を削減したいがために、このような費用の要らない早い方法、

     つまり動物たちの苦痛などはまるで考慮にいれないようなやり方で彼らを殺害するのです。

 

 

 

     彼らは装置などで固定され、性器に電流が流され、もう一つの電流は口の中に流されます。

     動物が電気のコードを噛み切ったときに、死に至らしめる電流が彼らの身体に入っていくのです。

     工場者たちはしばしば、一酸化炭素を密封された動物たちのいるケージに送り込み、殺します。

     この熱いガスは彼らの肺や目を焼き、彼らは長い時間にわたって絶えようもない痛みに苦しんで

     死んでいくのです。

     また、薬物を注入する場合は、安価な薬品や、殺虫剤を使用する場合もあります。

 

 

 

殺害法はいたって残酷ですが、

業者は、商品としての毛皮をあくまでも傷つけないような方法をとるのです。

そしてもう一つ大切なことは、

殺害する際に、いかに節約してお金をかけずにやるかということです。

そのために、動物の痛みや恐怖の配慮はまったくされず、

原始的かつ残虐な殺害法がとられるのです。