Make your own free website on Tripod.com

 

    行 (猫) -2-



頭蓋骨に穴をあけられたネコたち。動けない子ネコのそばに心配そうに寄り添う母ネコ

 

  カリフォルニア州スタンフォード大学のウィリアム・デメント博士は、

  動物実験の伝統に忠実だった。

  博士は不眠症の治療法を見つけるためにネコを不眠症にしようと

  したのだが、その計画は半分しかうまくいかなかった。

  博士は300匹以上のネコを新手の拷問で何ヶ月も眠らせずにおく

  ことには成功したが、不眠症の治療法は結局わからなかったのだ。

  彼は各々のネコの脳に電極を埋め込み、

  水で囲ったレンガの上に置いた。

  ネコは疲労に負けて顔をうつむけるたびに鼻を水に突っ込み

  驚いて目を覚ます。70日間の不眠の末、このネコの脳波は

  「顕著な性格変化」・・・実験者と同じく精神のバランスを失ったことを

  意味する科学的隠語・・・を示したのだった。




脳手術直後のネコ。明らかに水頭症を起こしていた。

このような発作を起こしている間に、右側の皮質が除去された。

このクレオパトラという名のネコは、

8月4日に最初の手術を受けてから翌年の3月18日に屠殺されるまで生きていた。




イリノイ州のH・ノイマン社製造の脳定位固定装置にかけられた雄ネコ。

ニューヨーク自然史博物館の研究室で。このネコは両方の眼球を摘出され、

頭を固定装置で締め付けられ、さらに陰茎の神経をむき出しにされて、

実験者自身の公式な記録によれば「終末」(すなわち動物の死)に至るまで

連続した電気ショックを加えられた。

 

                                                

標準的な実験のひとつ、ネコの大脳摘除。

その結果生じる「除脳性硬直」は実験者を魅了し続けている。

 

 

現代の蛮行 (猫) ‐3‐